全自動透析装置と透析支援システム

JMS社製全自動コンソールを導入しております。
全自動コンソールは操作が自動化され簡単になり、ヒューマンエラーが低減し安全性が向上します。
“きれいな透析液でゆとりのある透析治療”を実施しています。

透析支援システムの導入により、各スタッフの作業効率・業務改善が向上することにより、
患者さんとのコミュニケーションがより一層図れるようになり、安全で安心な透析医療のご提供を可能にいたしました。

gc110n

最先端のオンラインHDF

当クリニックでは、患者様により良い透析治療をご提供するために、オンラインHDF の治療を行っています。通常の透析では除去することが難しい分子の大きな尿毒素の除去に優れ、透析アミロイド症の進展抑制や関節痛や皮膚のかゆみなどさまざまな改善効果が期待されます。

  • 心臓への負担が減り、血圧が安定する
  • 尿が出る期間が延長する
  • 炎症マーカーが減少して、酸化ストレスが改善する
  • 貧血が改善する
  • 食欲が出て、栄養状態が良くなる

などといった、透析患者様の予後を改善させる効果が期待され、患者さんに負担の少ない、体に優しい透析を行う事を可能としました。

高水準の透析を支えるきれいな透析液

人工透析の最も基本的な重要課題は、透析液の清浄化にあります。 体に有害なエンドトキシン(ET;細菌から発生する毒性の高い物質)を除去することなしに、高水準の透析を実現することはできません。

患者様の生命予後に大きく関与するため、透析液の清浄化は極めて大切です。

P7206230-1

検査・入院施設

透析患者さんにみられる合併症対策として、当グループ内にあります東葉クリニック 大網脳神経外科と医療法人 三橋病院において、透析医と各科専門医の連携による総合的な診療に努めています。

東葉クリニック 大網脳神経外科では、透析患者さんの急性疾患に対応し、入院治療もおこないます。さらに、MR装置を用いて東葉クリニックグループの患者様に対し、頭部MRI検査を施行するほか、PTAやシャント造設術なども積極的に行っています。

> 東葉クリニック 大網脳神経外科のホームページはこちら

また、医療法人 三橋病院では、入院はもちろんのこと、シャント手術や透析患者さん用リハビリテーションにも対応し、患者さんが快適に治療に専念できる体制を整えています。

> 医療法人 三橋病院のホームページはこちら

91E596D4MRI919592u(1)-1

介護施設との連携

当法人で運営する グループホーム 咲顔では、透析患者様が安心・快適に生活し愉しんでいただけるよう、また、ご家族の負担が少しでも軽減されますよう、各介護施設と連携を強化し、透析医療と介護の両面からご支援できるよう努めております。

グループホーム 咲顔 では、介護福祉士6名(うち管理者2名)、介護支援専門員4名(うち管理者2名)と介護や福祉にかかわる専門職が多数おり、東葉クリニックより医療連携の看護師が1名、24時間体制で医療に係る相談や援助を受けることが出来ますので安心です。

> グループホーム 咲顔のホームページはこちら

P610514483R83s815B(2)-1